美容皮膚科で激痩せ|脂肪を撲滅してスリムスタイル

クリニック専用の化粧品

女医

ハイドロキノンの問題点

美容皮膚科での美白治療によく用いられている成分にハイドロキノンがあります。この成分はシミやくすみの原因となるメラニン色素がつくられるのを阻害する働きを持っています。さらに、ハイドロキノンにはメラノサイトというメラニン色素を生み出す細胞を少なくするという作用もあります。こうした美白作用を持つため、全国の美容皮膚科でハイドロキノンは多く用いられてきました。これは本来美容皮膚科や美容外科などの医療機関でなければ出すことのできないものでしたが、その後法律が改正されたこともあり化粧品にも用いられるようになっています。しかし、ハイドロキノンは両刃の剣という性質も持っています。ハイドロキノンは肌に刺激を与えやすい成分であることが知られています。そのため、敏感肌の人にはおすすめできないといわれてきたのです。そこで美容皮膚科では、敏感肌の人でも使えるような美白効果の高い化粧品を扱うようになりました。これは化粧品ではありますが、美容皮膚科などの医療機関でなければ扱うことの認められていない製品です。しかも効果はハイドロキノンをはるかにしのぐことが証明されています。今まで敏感肌でハイドロキノンが使えなかった人は、美容皮膚科で相談してこの化粧品を購入するとよいでしょう。

豊富な症例データ

多くの美容皮膚科では、医師にしか取り扱えない医療機関専売の化粧品を患者に紹介してくれます。さらに、そうした化粧品の効果をより一層高めるため、クリームだけでなく化粧水やクレンジング剤、ピーリング剤なども総合的にシリーズで取り扱っています。美容皮膚科を訪れる患者の中には肌が非常に敏感な人が多いので、市販の化粧品ではトラブルが出やすいことがあります。そうした人も美容皮膚科で扱っている化粧品のシリーズであれば安心して使用することができます。化粧品の使用中も、美容皮膚科では医師が定期的に肌の状態をチェックして、何か問題がないか、その化粧品が本当にその人の肌に合っているかを診てくれるのでストレスなく使用を続けられます。さらに美容皮膚科では過去にそれらの化粧品を実際に使用した患者の肌の状態を撮影した写真もカルテとして保存しているので、化粧品の効果について事前に詳しく知りたいときには実際の写真で確認することが可能です。またそれぞれの患者の体験談もデータとしてファイルされているので、実際に使った人の感想として非常に参考になるでしょう。もちろん美容皮膚科では化粧品の効果についてだけでなく、光治療などの施術の効果についてのデータも豊富に揃っています。